happymix

hmp_100719.jpg
材料
・もやし 1/2袋
・いんげん 10本
 
 a レモン汁 小さじ2
 a ごま油 小さじ2
 a 塩 小さじ1
 a 黒コショウ 適量
 a にんにくすりおろし 1BB弾

作り方
1、鍋にお湯を沸かし、いんげんともやしをそれぞれ茹でて水気を切る。
2、aの調味料を混ぜて1と和える。
3、冷蔵庫で冷やしていただく。

いつものナムルにレモン汁とにんにくをプラスして
サッパリなナムルにしてみました!
にんにくのBB弾とは男子ごはんでケンタロウさんが使っている単位。
分かりやすいので私も使わせていただきました。
にんにくは入れなくてもOKですが、入れると更に美味しくなると思います。
塩加減もお好みで調整してください。
いりごまもお好みでふってください。
hmp_100716.jpg
材料(2人前)
・ベーコン 1〜2枚
・オーサワブイヨン 1袋
・水 400cc
・ラタトゥーユ(recipe:20) スプーン(カレー用など)大盛り3
・塩、コショウ 適量
 
作り方
1、鍋でお湯を沸かして小さく切ったベーコンを入れ2〜3分煮る。
2、コンソメorブイヨンを入れひと煮立ちしたらラタトゥーユを入れる。
3、塩、コショウをして味を整えて再度沸いたら出来上がり。

前々回紹介したラタトゥーユを使ったスープです。
簡単に美味しく出来ます!
ブイヨンはコンソメなどでももちろんOK!
水の分量などは使用するスープの素によって調整してください。
私は、記載の分量より100ccくらい多めに水を入れています。
ベーコンを入れなくてもおいしいスープになりますが、
ベーコンを入れると風味がプラスされて更に美味しいです。
茹でたマカロニをプラスして、スープパスタも良いですね!
hmp_100714.jpg
材料
・生姜スライス 5〜6枚
・長ねぎ 5cm

作り方
1、スライスした生姜を小さい四角に切る。
2、長ねぎの外側の部分を切り生姜と同じような大きさの四角に切り、
  生姜と合わせておく。

ねぎ生姜は料理ではないのですが、中華料理にはかかせないものです。
炒める前にフライパンを温め、油を入れ、ねぎ生姜を加えて香りが出たら
具材を入れて炒めるという様に使用します。
上記の分量だと炒め物2回分くらいです。
hmp_100710.jpg
材料
・ズッキーニ 1本
・茄子 2本 
・玉葱 1/2個
・パプリカ黄 1/2個
・トマト水煮缶 1缶
・にんにく 1カケ
・塩 小さじ2
・胡椒 少々
・酒 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ2
・ローリエ 1枚
・(鷹の爪・種を取ったもの 1本)

作り方
1、野菜をサイコロ状に切り、にんにくはみじん切りにする。
2、鍋にオリーブオイル大さじ1とにんにくを入れ弱火で炒める。
3、香りが出てきたら、玉葱を加えて炒める。
4、塩を1/4ふり、オリーブオイル大さじ1を足して
  塩1/4・ズッキーニ、塩1/4・茄子、塩1/4・パプリカの順で
  炒め合わせる。
5、トマト缶、ローリエ、酒、(鷹の爪)を加えて、
  蓋をして弱火で30分程煮る。
6、蓋をとって水分があれば飛ばしながら煮る。
7、胡椒をふって味を整える。

酒の代わりに白ワインでもOK!家にある方でいいです。
鷹の爪を入れると、やんわりピリ辛になります。
入れるか入れないかはお好みで。
パスタのソース、チキンやポークソテーのソース、
スープにしたり、パンにのせたりといろいろと利用が出来ます!
冷やして食べても美味しいですよ!
hmp_100706.jpg
材料(1人前)
・フィスリ 90g
・明太子 1/2腹
・マヨネーズ 大さじ1
・豆乳 小さじ2
・黒こしょう 少々

作り方
1、フィスリ(マカロニ)をゆでる。
2、ボールに薄皮を取った明太子、マヨネーズ、豆乳、黒こしょうを入れ混ぜる。
3、マカロニがゆで上がったら、水にさらして冷まし水気を切って
  2のボールに入れ和える。

マカロニはいろいろな種類があるので、お好みでOK!
ネジネジしたフィスリのような種類だとソースがからみやすいです。
スパゲッティでも、もちろんOKです!
豆乳は牛乳やコーヒーミルクでもいいです。
もしくは入れなくても大丈夫。
p_100616.jpg
材料(1人前)
・うどん(乾麺90〜100g)
・好みの野菜 適量
 今回は白菜、もやし、小松菜
・肉 100g
 今回は豚ロース薄切り

*タレ
・胡麻ドレッシング 大さじ3
・ポン酢 小さじ2
・しょうが 小さじ半分(すったもの)
・豆板醤 少量

作り方
1、タレの材料を混ぜ合わせておく。
2、うどんは茹でて水洗いしてぬめりを取り、ザルにあげる。
3、野菜、肉はそれぞれボイルする。
4、タレは液漏れしにくい容器に入れ、
  うどん・肉・野菜は、お弁当箱に盛り付ける。

冷やしうどんなので、保冷剤と一緒にお弁当を包みます。
今回は少し大きめの保冷剤にしました。
お昼頃まではもつと思います。
これからの暑い季節は冷やし系のお弁当も美味しい季節です!
タレはマヨネーズなどを加えてもいいと思います。
盛り付けのときに、お弁当箱に麺を入れて少量の油で和えると
麺がくっつくのをふせげます。
hmp_100614.jpg
材料
・小松菜 1ワ(少なめ)
・油揚げ 1枚
・塩 適量
・ごま油 小さじ1
・いりごま 適量

作り方
1、小松菜を茹でて冷水に取り、水気を絞って1cm幅くらいに切る。
2、1の小松菜をボールに入れ、ひとつまみの塩で揉んで下味をつける。
3、油揚げを網で焼き細かい四角に切る。
4、3の焼お揚げを2のボールに入れ塩2つまみとごま油、
  いりごまを入れ和える。

油揚げはトースターで焼いてもOK。
塩加減はお好みになりますが、少量ずつ加えて調整してください。
味が足りなければ少々の醤油を加えてもよいです。
hmp_100603.jpg
材料(1人前)
・ベーコン 厚切り(ブロック)半枚分
・玉葱 中半個
・酒(白ワイン) 大さじ1
・基本のトマトソース(recipe:15)大さじ3
・スパゲッティ 100g
・オリーブオイル 適量
・塩 適量
・胡椒 適量

作り方
1、お湯を沸かしパスタを茹でる。
  ベーコンは太めの短冊切り、玉葱は千切りにする。
2、フライパンにオリーブオイルを熱しベーコン焦げ目がつくくらい
  じっくり炒める。
3、玉葱を加え塩・胡椒をしてさらに炒め酒を加えて炒める。
4、トマトソースを加えひと煮立ちしたら、茹であがったスパゲッティを入れ、
  ゆで汁を少々加えソースと和えて皿に盛る。
  お好みでパセリや粉チーズをかけてください。

ベーコンは厚切りなどが無い場合はスライスでもOKです。
ベーコンをじっくり炒めることでベーコンの旨味が良く出ます。
ソースにスパゲッティを加えると水分が飛ぶので、
ゆで汁を加えることで水分を足すことも出来るし、
塩加減やソースのゆるさの調整もできます。
作り置きのソースを使うことで簡単に早く作れます。
個人的にも大好きなソースのスパゲッティです!
hmp_100531_2.jpg
材料
・トマトダイス缶 1缶
・にんにく 大きめ1かけ
・オリーブオイル 大さじ1強

作り方
1、にんにくをすり、鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて
  弱火でじっくり熱する。
2、トマトダイス缶を鍋に入れトマトをつぶしながら3分程弱火で煮込む。
3、更に時々混ぜながら7〜8分煮込んで汁気が無くなってきたら出来上がり。

シンプルなトマトソースですが、パスタソースやピザソース、
スープなどにも使えて重宝します!
トマトのホール缶を使う時はあらかじめトマトをカットしておきましょう。
にんにくは熱していると小さい泡が出てきて香りがたってきます。
そのタイミングでトマト缶を入れてください。
煮込みがアマイと水分が多いソースになってしまいます。
煮込んでいくうちに水分が飛んでいくので、少々ゆるめな感じなくらいまで
煮込んでください。
hmp_100526_2.jpg
材料
・じゃがいも 小3個
・バター 5〜10g

作り方
1、じゃがいもの皮をむき、スライス→細かい千切りにする。
2、フライパンを温めバターを入れ、じゃがいもを入れる。
  フライパン全体に敷き詰めるようにして、最初にフライ返しで
  押しながら焼く。
3、全体に焼き色が付いたら裏返して、またフライ返しで押してから焼く。

じゃがいもは千切りにした後、水にさらさないでください。
水にさらすとでんぷんが流れてしまって、焼く時にじゃがいも同士が
合体しにくくなります。
基本的にじゃがいものガレットはガロニ(付け合わせ)なので
味付けはしていませんが、お好みで味を加えてもOKです!
バターを使っているので、じゃがいもの甘みとバターの塩気でも
充分ウマイです。
カリッと焼いた方が美味しいので、バター+油でもOKです。
その際はバターの量を調整してください。
シンプルな一品ですが、ハンバーグの付け合わせなど、
知っていると重宝するメニューです。
p_100523.jpg
材料(2人前)
・ツナ 40g(缶半分)
・かぶ 1コ(中〜大)
・豆乳マヨネーズ 大さじ1
・粒マスタード 小さじ1
・醤油 小さじ1/2
・パン 2枚
・塩 小さじ1/2
・黒こしょう 少々
・乾燥パセリ 少々
・オリーブオイル 少々

作り方
1、ボールにかぶをスライスして塩をふり5分くらい揉む。
2、10分くらい置いて水気を切る。
3、2のボールにツナを入れ和える。
4、3に豆乳マヨ、粒マスタード、醤油を加えて更に和える。
5、トーストしたパンに4のかぶツナマヨをのっける。
6、5に黒こしょう、パセリ、オリーブオイルをふり出来上がり。

塩揉みしたかぶがあったので、朝ごパンを作る時に
思いつきでツナと和えてみたらマジウマでした!
豆乳マヨは普通のマヨネーズでもOKです。
最後のオリーブオイルはお好みで良いですが、
かけると風味が出て美味しいです。
hmp_100514.jpg
材料
・じゃがいも 小2〜3個
・豆乳マヨネーズ 大さじ1くらい
・豆乳 大さじ1くらい
・柚子胡椒 適量

作り方
1、じゃがいもは皮の付いたまま蒸し器で蒸す。
2、蒸して冷めたじゃがいもの皮を取ってフォークなどでつぶす。
3、2に豆乳マヨネーズ、豆乳、柚子胡椒を入れて混ぜる。

じゃがいもはレンジでチンして柔らかくしてもOK!
柚子胡椒はモノによって辛さが異なるので好みの辛さでOKですが、
柚子胡椒を効かせすぎない方が上品な風味になります。
基本的にはほんの少量です。
味が足りない時は、豆乳マヨや塩少々などで調整してください。
普通のマヨ+牛乳でもOKです!

このポテトサラダ、美味って感じです。
さわやかな味ですねぇ〜!
p_100503.jpg
材料(2人前)
・出汁 250ml
・豆乳 300ml
・白みそ 大さじ2〜3
・柚子胡椒 適量
・そうめん 2束
・キャベツ 2枚
・玉葱 1/4個
・人参 1/4本
・もやし ひとつかみ位
・筍 少々
・蒸し鶏 少々

作り方
1、そうめんを茹でて水洗いをして水を切っておく。
2、野菜を食べやすい大きさにカットする。
3、出汁を火にかけて煮立ったら2の野菜を入れて煮る。
4、野菜が適度に柔らかくなったら、白みそを入れて溶く。
5、豆乳を加え柚子胡椒も加えてひと煮立ちさせて火を止める。
6、器に1のそうめんを器に盛り5をかけ、蒸し鶏をトッピングする。

お野菜はお好みのお野菜でOKです。
白みその量は豆乳を入れて味が薄ければ足してください。
柚子胡椒はお好みの辛さで調整してください。
無調整の豆乳を使う場合は火を入れすぎると凝固するので気をつけて。
蒸し鶏は無くてもOKですが入れると更に美味しいかも。
蒸し鶏を作るのが手間な場合は、
適当に切った鶏胸肉やささみを耐熱皿にのせ酒をふり
ラップをして火が通るまでレンジでチンすると簡単に出来ます。
さっぱりでも柚子胡椒がきいてとっても美味しい湯麺です!
hmp_100427.jpg
材料(1人前)
・納豆 1パック
・キムチ 好きなだけ
・そうめん 1束(90〜100g)
・醤油 適量
・ネギ 適量
・白ごま 適量

作り方
1、納豆を付属のからし、たれと混ぜ合わせる。
  醤油を少々加え更に混ぜる
2、そうめんを茹でて、手早くザルなどにとり、
  冷水で冷やし軽くもみ洗いをして、よく水を切る。
3、器にそうめん、納豆、キムチ、ネギ、白ごまをトッピングする。

お好みで出汁や麺つゆ少々をあらかじめ器に入れて、
そうめんと和えてから納豆、キムチなどをトッピングしてもOK!です。
そうめんはゆで時間も短いので、すぐに出来るメニュー。
ひとりメシの時など簡単に作れるし、美味しい一品です!
hmp_100423.jpg
材料(2人前)
・玄米ごはん 2膳分
・ごぼう 1/2本
・青梗菜 1/2株

a・醤油 大さじ2
a・酒 大さじ3
a・甜菜糖 大さじ2弱

・ごま油 適量
・白いりごま 適量

作り方
1、ごぼうはピーラーでささがきにして
  3〜4分水にさらして水気を切る。
  青梗菜は葉の部分と茎の部分を分けて細かく刻む。
2、a の調味料を合わせておく。
3、フライパンでごま油を熱しごぼうを炒める。
4、ごぼうがしんなりしてきたら青梗菜の茎の部分を入れ炒め、
  葉の部分も加えさっと炒め、
  a の合わせ調味料を半分ほど加えて炒める。
5、玄米ごはんを入れさっと炒め和えたら、
  残りのa の合わせ調味料も加え炒める。
  1〜2分位炒めたら皿に盛り白いりごまをふる。
  
青梗菜を小松菜に代えてもOKです!
小松菜でも美味しいです!
最初に合わせ調味料を加えた時、
ごぼうに調味料が馴染むくらいまで炒めてください。
合わせ調味料は甘めの味付けなので
お好みで調整してください。
玄米ごはんは、こうして炒めて食べると食べやすいです!
hmp_100318.jpg
材料(2人分)
・ツナ缶 1缶(80g)
・玉葱 中半分
・ピーマン 1〜半分
・白ワイン(または酒)小さじ2
・バター 5g
・小麦粉 5g
・豆乳 適量
・コンソメ(顆粒)小さじ1(大さじ2くらいのお湯で溶いておく)
・塩・コショウ 少々
・オリーブ油 適量

作り方
1、玉葱、ピーマンを細切りにする
2、熱したフライパンにオリーブ油を入れ1の玉葱、ピーマンを入れて炒める
3、白ワイン(または酒)を加え野菜がしんなりするまで炒める
4、バターを加え野菜に混ぜながら溶かし、小麦粉を加えて全体に絡める
5、豆乳を100mlほど加えヘラなどでゆるくかき混ぜる
6、(火が入ると固まってくる)
  お湯に溶いたコンソメを加え混ぜる
7、好きなゆるさにするのに豆乳を加えて調整する
8、ツナ缶を加え混ぜ合わせる。
9、塩・コショウをして味を整える

ソースはパスタやマカロニの上からかけてもいいですし、
和えてもいいです。
コンソメは入れなくても塩・コショウのみでも味付け出来ます。
バターが苦手な方はオリーブオイルに変えてもOKです。
ソースがかたすぎる場合は、パスタのゆで汁で調整してもOKです。
このソースはグラタン、ドリアなどにも使えます。
ツナを鶏もも肉にしたりしてアレンジしてみてください!
フライパン1つで出来るので、作りやすいと思います。
hmp_100315.jpg
材料(2人分)
☆ワンタン
・ワンタンの皮 14〜15枚くらい
・豚ひき肉 100g
・ネギみじん切り 5cmくらい
・おろし生姜 小さじ半分くらい
・酒 小さじ1
・塩 適量
・コショウ 適量
・小麦粉 小さじ半分くらい
・ごま油 小さじ半分〜1

☆タレ
・胡麻ドレッシング
・ポン酢
・ラー油

作り方
1、ワンタンの皮以外の材料をボールに入れて混ぜる
  粘りがでるように!
2、ワンタンの皮で1の具を包む
3、お鍋にお湯を沸かし、沸騰したらワンタンを入れ茹でる
4、ワンタンを茹でている間に、お皿に胡麻ドレ、ポン酢を半々くらい入れ
  ラー油をお好みでたらす(この時タレは混ぜないでそのままで!)
5、ワンタンが十分に浮き上がってきたら取り出し、
  4のタレのお皿に盛り付けて完成

これ、ウマイです!
タレはわざとかき混ぜないことによって
胡麻ドレ、ポン酢、ラー油のランダムな味が楽しめます!
胡麻ダレとポン酢の割合はお好みで変更してください。
時間が経つと、タレに付いていないワンタンが乾燥しますので、
早く食べるか、タレを絡めるなどしてください!
青梗菜や小松菜、もやしなどつけ合わせても美味しいです。  
hmp_100309.jpg
材料
・ほうれん草 半束
・ベーコン スライス2枚くらい
・バター 5g
・塩 少々
・黒こしょう 少々
・酒 小さじ1
・醤油 小さじ1

作り方
1、ほうれん草を洗ってザク切り、ベーコンも食べやすい大きさに切る
2、フライパンを熱しバターを入れ溶け始めたらベーコンを入れて炒める
3、ほうれん草も加えて炒め、塩・こしょうする
4、しんなりしてきたら酒を加え炒め合わせる
5、醤油をまわし入れて軽く炒め和えて出来上がり

今日のお弁当におかずにしたので
また私のミニ弁当の写真です。

材料はお弁当2人分ですが
材料が増えれば調味料も調整してください。
他にしめじや玉葱など入れても美味しいです。
今日も玉葱を入れたけど少なかったので姿が無い。

ほうれん草は火が入ると急にボリュームが無くなりますので
はじめほうれん草がフライパン一杯になっても大丈夫です!
hmp_100305.jpg
材料
・鶏もも肉 1枚
・クレイジーソルト 適量
・塩 適量
・黒こしょう 適量
・バター 10g
・菜種油 少々
・小麦粉 適量

作り方
1、鶏もも肉を一口大に切る
2、両面にクレイジーソルト、塩、黒こしょうをふる
3、小麦粉を薄くまぶし、余分な粉ははたく
4、フライパンを熱しバターを入れ3の鶏もも肉を皮面から入れて焼く
5、ぱりっと焼き色がついたら裏返してじっくり焼く

hmp_100305_2.jpg
使用した調味料の一部です
クレイジーソルトはあれば使ってください。
塩+黒こしょうのみでも美味しくできます。
また、クレイジーソルト+黒こしょうのみでもよいです。
(この場合ちょっと塩気が足りないかもです。)

クレイジーソルト&塩を使う場合は
塩は軽めにふる程度で。
ふりすぎると塩辛くなるので注意!

焼くときはバターのみでもOKです。
バターは火が強く入ると焦げやすいので
火加減に注意してください。
フライパンにもよりますが
最初中火で裏返してから中火〜弱火で焼いています。
火の通りが心配な場合は
裏返してから蓋をして焼くとよいと思います。

このレシピは骨つきのチキンでも作れます。
手羽元でも良いですし
大きい骨つきチキンならプチゴージャス感がでるかな!?
hmp_100303.jpg
材料
・鶏手羽元(食べたいだけ)
・酒 適量
・塩 適量

作り方
1、鶏手羽元をフォークなどで差す
  (調味料を染み込みやすくするため)
2、タッパなどの容器に鶏手羽元を入れ、
  酒と塩を入れ全体をからめる
  酒は手羽元全体に行きわたるくらい
  塩はちょっと塩辛いかなくらい
3、冷蔵庫で一晩漬けた後、コンロのグリルで焼く

鶏手羽元を容器に入れるときは、
ちょうどお肉が収まるくらいの大きさのもに入れる
更に手羽元の上にラップをして調味料を染み込ませやすくする

今日の写真は私のお昼ごはんです。
ジャンボ(ダンナ)のお弁当を作っているので
ついでに私のミニ弁当も作っています。

21-40 / 743

1  2  3